O様邸 浄化槽廻りの工事の流れ

写 真 : 着工前
内 容 : 工事前の現場の様子です。
写 真 : 浄化槽くみ取り状況
内 容 : 浄化槽内をきれいに洗浄します。
「水を入れる→くみ取る」の作業を繰り返し行います。
浄化槽内を十分に洗浄した後、底に穴をあけて砂で埋戻します。
※地盤沈下防止のために、埋め戻した砂に水を含ませていきます。
浄化槽の底に穴をあけたのは、地盤を固める際に水はけを良くするためです。
浄化槽の蓋だった部分をモルタルで埋め、平らに均します。
※撤去部分を最小限にするため、今回は浄化槽上部のコンクリートをそのまま利用することにしました。
写 真 : 完成
内 容 : モルタルがしっかり乾いたら完成です。

O様邸 配管廻りの工事の流れ

写 真 : 掘削状況
内 容 : 汚水がスムーズに流れるよう勾配が取れるように掘ります。
写 真 : 配管状況
内 容 : 硬質塩ビ管φ100で配管し、在土(掘り起こした際に出た土)で固定します。
その際、市の規定の適正な勾配が取れているか水平器で確認しながら行います。
水平器とはコチラ!水平・直角や勾配も計測できる優れものです。
建築や土木の現場では、よく使われています。
写 真 : 完成
内 容 : 勾配を確認したら、配管は在土で埋戻し、真砂土を敷いて完成です。
着工前よりきれいにして帰ります。掃除を終えるまでが当社の仕事内容です。

O様邸 土間コンクリート復旧工事の流れ

写 真 : 着工前
内 容 : 工事前の現場の様子です。
写 真 : 土間コンクリート斫り状況
内 容 : 下水管埋設のため、コンクリートを砕いて撤去していきます。
写 真 : 型枠組状況
内 容 : 型枠を組み、コンクリートの強度を保つために鉄筋を入れます。
写 真 : 土間コンクリート復旧状況
内 容 : 既設のコンクリートと段差ができないようにコンクリートを均します。
写 真 : 完成
内 容 : コンクリートがしっかり乾いたら、型枠を外して完成です。

~樹脂桝の清掃手順~


※ジャージなど汚れてもいい服装で行ってください。

 

マイナスドライバーなどで樹脂桝の蓋をあけます。
清掃前の樹脂桝を上から見てみました。
底にヌメリのような汚れがついているのが分かります。
まずは、高圧洗浄機で底の汚れを取ります。
清掃に使用する水は当社が用意して伺いますので、お客様にご迷惑おかけすることはありません。
次に、高圧洗浄機を排水管のなかに通し、管内の汚れを取ります。この時、下流から上流へ水を流します。
admin-ajaxa
排水はいつも同じ方向に流れるため、引っ掛かりができると同じ角度で引っ掛かり、詰まりの原因になります。
逆から水圧を与えることで、汚れが浮いて落ちやすくなるのです。
樹脂桝の内側と蓋についた汚れをブラシで落とし、しっかり洗い流します。
これで樹脂桝の清掃は終了です。
きれいになりました!

~トラップ桝の清掃手順~


排水桝のなかで汚れが溜まりやすいのは、台所にいちばん近いトラップ桝②です。

油汚れや食べ物のカスが排水口の網目を通り抜けてトラップ桝に溜まります。

トラップ桝のなかはこうなっています・・・

(衝撃映像なので気になる方はクリックして拡大してください)

 

放っておくと排水管の詰まりの原因にもなるので気をつけてください。

※トラップ桝のなかの沈殿物が腐ったりし、強烈な臭いを発する可能性があるので、念のためジャージなど汚れてもいい服装で行ってください。

 

マイナスドライバーなどでトラップ桝の蓋をあけ、表面を覆っている油のかたまりを取り除きます。スコップを使えば、油が多少固まっていても叩き割ることが可能です。
エルボを取り外し、汚れを落とします。
※左右に動かせば、簡単に取り外せます。
底にたまった沈殿物を網ですくいます。
次は排水配管です。
排水管も放っておくと、人間の血管と同じように詰まってしまうことがあります。
※毎回は大変かもしれませんが、気にかけて定期的に掃除してあげましょう。
(半年に1回を目安にしてください)
高圧洗浄機を使用し、下流から上流に水を流します。清掃に使用する水は当社が用意して伺いますので、お客様にご迷惑おかけすることはありません。
※ご自宅にある高圧洗浄機で行う場合は、水圧にご注意ください。強すぎると台所の排水口から逆噴射する恐れがあります。
トラップ桝の内側と蓋についた汚れをブラシで落とし、しっかり洗い流します。取り外したエルボを再度取り付ければトラップ桝の清掃は終了です。
きれいになりました!

 


H様邸 リフォーム工事が完成しました!

◆古くなってきたので新しいキッチンにしたい。

従来の流し台を使っていたH様ですが、身長の高い奥様にはカウンターが低すぎて、毎日の家事が大変だったようです。

そこで、カウンターの高さが5段階で選べるTOTOの「CRASSO」をご紹介しました。

決め手となったのは、掃除の楽な「ゼロフィルター」と、他にはない「コーナー排水口+すべり台シンク」だったようです。

収納スペースもしっかり確保されていて、キッチン廻りもすっりき見せることができます。


S集会所 土間コンクリート復旧の工事の流れ

写 真 : 着 工 前
内 容 : 解体する前の土間コンクリートの状態です。
写 真 : 土間コンクリート斫り状況
内 容 : 土中に配管を埋設するので、土間コンクリートを斫っていきます。
写 真 : 配管状況
内 容 : 2%の勾配に必要な深さまで掘り、配管をしていきます。
写 真 : 完   成
内 容 : 在土で埋戻し、厚さ10cmで土間コンクリートを打設します。このとき、雨水が水路に流れていくよう、ゆるやかに勾配をつけます。

しっかり乾かしたら完成です。


S集会所 取付桝・浄化槽廻りの工事の流れ

写 真 : 着 工 前
内 容 : 工事前の現場の様子です。
写 真 : 浄化槽汲取り状況
内 容 : 浄化槽内をきれいに洗浄します。
「水を入れる→汲取る」の作業を繰り返します。
写 真 :コンクリート斫り状況
内 容 : 浄化槽が浮いてくるのを防ぐ役割をしていたコンクリートを撤去していきます。
写 真 : 浄化槽撤去状況
内 容 : 浄化槽を撤去ます。廃材は、産業廃棄物として適正に処理します。
~工事内容変更~
上部のみ撤去して埋め戻す予定でしたが、配管の勾配をとるのに浄化槽の側壁が障害になったので、浄化槽すべてを撤去しました。
写 真 : 埋戻し及び配管状況
内 容 : 浄化槽があった場所には、真砂土を入れます。その際、水を含ませ押し固めます。そして、硬質塩ビ管(VP)φ100で配管し、在土(掘り起こした際に出た土)で固定します。
※在土で勾配を微調整しつつ、排水に必要な2%がとれているか、水平器で確認しながら行います。~なぜ2%なの?~
排水勾配の規定により、汚水配管は2%と決められています。
水平器とはコチラ!
水平・直角や勾配も計測できる優れものです。建築や土木などの現場では、よく使われています。
写 真 : 完   成
内 容 : 在土である程度埋戻したら、最後にきれいな土を敷き均します。

S集会所 桝②廻りの工事の流れ

写 真 : 着 工 前
内 容 : 既設の桝は取替えるので、撤去します。
写 真 : 配管状況
内 容 : 2%の勾配に必要な深さまで掘り、配管をしていきます。配管が合流するところには、配管の掃除ができるように桝を設置します。
写 真 : 完   成
内 容 : 在土である程度埋戻したら、最後にきれいな土を敷き均します。

 

~桝の掃除をしましょう~

当社では、半年に1度の桝と配管の掃除を推奨しています。

詳しくはコチラからご覧ください。


S様邸 取付桝廻りの工事の流れ

写 真 : 既設取付桝状況
内 容 : 倉敷市の既設取付桝及び配管の状況を、下水道局への申請のため調査確認します。
写 真 : 下水取付桝付近配管状況
内 容 : 既設取付桝φ200に穴をあけ、配管をつなげていきます。
写 真 : 掘削及び配管状況
内 容 : 汚水がスムーズに流れるように2%の勾配がとれるように掘ります。
配管は硬質塩ビ管(VP)φ100を使用し、在土(掘り起こした際に出た土)で固定していきます。
~なぜ2%なの?~
排水勾配の規定により、汚水配管は2%と決められています。
写 真 : 配管状況
内 容 : 配管が折れ曲がる場所には、桝を取付ます。
~なぜ必要なの?~
万が一、配管が詰まっても桝のフタをあければ掃除ができるからです。当社では、半年に1度の桝と配管の掃除を推奨しています。
詳しくはこちらからご覧いただけます
写 真 : 勾配確認状況
内 容 : 在土で微調整しつつ、排水に必要な2%の勾配がとれているか、水平器で確認しながら行います。取付桝へ近づくにつれ、配管が低くなっていなければいけません。
水平器とはコチラ!
水平・直角や勾配も計測できる優れものです。建築や土木などの現場では、よく使われています。
写 真 : 完 成
内 容 : 勾配を確認したら、配管は在土で埋戻し、真砂土を敷いて完成です。着工前よりきれいにして帰ります。掃除を終えるまでが、当社の仕事内容です。

会社概要

事業紹介

取り組み

法人工事

個人工事

採用情報