ホーム » お役立ち情報 » 合併浄化槽への切り替えをご提案

合併浄化槽への切り替えをご提案

『合併処理浄化槽』は家庭からでる水の汚れを 『単独処理浄化槽』の1/8にできます。 

 トイレの排水だけを処理する「単独処理浄化槽」から、台所やお風呂、洗濯の排水もまとめて処理する「合併処理浄化槽」への切替をご提案します。

 

◆「合併処理浄化槽」の設置とは?

合併処理浄化槽は、生活雑排水(トイレ、台所、洗濯、お風呂など)を浄化して、側溝に流します。一方、「単独処理浄化槽」は、トイレの排水のみを浄化して、側溝に流しますので、ほかの生活排水(台所、洗濯、お風呂など)はそのまま流れることとなり、河川などの水質に悪影響を与えてしまいます。平成13年4月1日より、浄化槽法が改正されて水域汚染防止のために、「単独処理浄化槽」の新たな設置は、禁止されています。

 

◆補助金制度が利用できます。

ちなみに倉敷市では、「単独処理浄化槽」から「合併処理浄化槽」への切り替えが推進されていますので、既設の「単独処理浄化槽」を掘り起こして、「合併処理浄化槽」を設置する場合、補助金が増額するようです。

詳しくは、こちらのサイトよりご確認ください。

「倉敷市の合併処理浄化槽の補助金について」

 

◆クボタの小型浄化槽 KZ型

業界トップクラスのコンパクトサイズ(単独処理浄化槽とほぼ同じ大きさ)なので、狭小地への埋設も可能です。

当社での、施工状況はこちらをご確認ください。 

ちなみに当社では、補助金の交付申請から施工まで承っていますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket


 

会社概要

事業紹介

取り組み

法人工事

個人工事

採用情報