ホーム » お役立ち情報 » 蛇口の水漏れ修理方法をご紹介します。

蛇口の水漏れ修理方法をご紹介します。

ご家庭の水道の故障で一番多いのは、蛇口(水栓)からの水漏れです。
蛇口(水栓)の水漏れは、ほとんどがコマ(別図あり)やパッキンを交換するだけで直すことができます。
コマやパッキンを交換しても水が止まらない場合は、蛇口(水栓)本体に原因があると思われます。

目次

準備する道具
作業を始める前に

・必ず止水栓を止めましょう

・蛇口の口径サイズを調べましょう

・蛇口のしくみを知っておきましょう

さあ!漏れているところをチェック!

Ⓐ蛇口の先端から水漏れする場合

Ⓑパイプの付け根から水漏れする場合

Ⓒ蛇口の取り付け部分から水漏れする場合

Ⓓハンドルの付け根から水漏れする場合

 

準備する道具②
・モンキーレンチ  ・プラスドライバー  ・水栓取外しレンチ
・ピンセット(毛抜きでもOKです)    ・各種パッキン

パッキンなど材料は当社でもお買い求めいただけますので、お気軽にお問い合わせください。
蛇口の品番など分かれば、すぐにご用意できます。
ホームセンターでもお買い求めいただけます。

 

 

作業をはじめる前に②

必ず止水栓を止めましょう

止水栓の場所を確認し、作業前に必ず閉めましょう。 うっかり閉め忘れると床が水びたしになってしまうので注意してください。

 

蛇口の口径サイズを調べましょう
水栓のサイズは右図のように取付ネジの大きさで決められています。
ご家庭で主に使用されているのは、JIS規格の13(1/2)、直径20mmのタイプですが、念のため直径サイズを調べて作業を行いましょう。
硬貨でねじサイズを知ろう

 

蛇口のしくみを知っておきましょう
自分で水漏れ修理を行うには、まず蛇口のしくみを 知ることが大切です。
右図にて各パーツの名前をご確認ください。
蛇口のしくみ

 

 

漏れているところをチェック②

Ⓐ蛇口の先端から水漏れする場合 蛇口の水漏れ可能箇所②
Ⓑパイプの付け根から水漏れする場合
Ⓒ蛇口の取り付け部分から水漏れする場合
Ⓓハンドルの付け根から水漏れする場合
LINEで送る
Pocket


 

会社概要

事業紹介

取り組み

法人工事

個人工事

採用情報