ホーム » お役立ち情報 » Ⓒ 蛇口の取り付け部分から水漏れする場合

Ⓒ 蛇口の取り付け部分から水漏れする場合

C 水栓をねじ込んでいる部分を新しいシールテープで補修しましょう。
img14 ナットが緩んでいないか確認します。締めても漏れるときはパッキンを交換します。

ネジ部分にシールテープや接着剤が残っていると、水漏れや故障の原因になります。必ずネジ部分と配管内をていねいに掃除して行ってください。
矢印
img15 古いシールテープと根元のパッキンを取り外して新しいものと交換します。シールテープは根元から軽くひっぱりながら4・5回巻きつけます。水栓金具を右回りにねじ込んで取り付けます。取り付け後、水栓金具が傾いている場合はシールの巻きを増減して調整してください。

水栓を取り付ける際、逆方向にまわしてゆるめてしまうと水漏れの原因になります。もし、ゆるめてしまった場合にはもう一度シールテープを巻き直してください。
LINEで送る
Pocket


 

会社概要

事業紹介

取り組み

法人工事

個人工事

採用情報