ホーム » お役立ち情報 » 水道管の凍結防止対策を行いましょう

水道管の凍結防止対策を行いましょう

寒さが厳しくなる冬季(12月~2月)は、気温が氷点下になり水道管の凍結が起こりやすくなり、最悪の場合破裂し、ご家庭の水道利用に不便が生じるだけでなく、所有者であるお客様が費用を負担することになってしまいます。

g4873

ピーク時は解氷作業や修理のご依頼をいただきましても、当日対応できない場合もございます。
天気予報をこまめに確認し、翌朝の気温低下が予想される際は、給水管や給湯管の凍結防止対策をお願いいたします。

 

屋外の水道管、給湯器まわりは特に要注意!

凍結しやすい条件として、下記があげられます。

① 保温対策のされていない露出した配管のある場所

② 風通しのよい場所

③ 北向きで日陰になる場所

また、給湯器を使用している場合、地中から出た水道管が、給湯器に接続するまでの露出している場所も要注意です。

凍結から水道管を守りましょう!

凍結の予防対策には、主に下記の3つの方法があります。

水道管の中の水を抜く

水道管内の水を空にしておけば水が凍ることはありません。翌朝の冷え込みが予想される際や、水道を数日間使用しない場合には、水道管の水抜き作業をしておくと安心です。

g4338
g4369

 

水が凍結しないように水道管を保温する

露出している部分を保温材や、タオル・布などで保護しておくだけでも効果がある場合があります。

水道管の保温材は、ホームセンターなどでお買い求めいただけます。

① 保温材を巻き、ビニールテープ下から上へ巻き上げる

② タオルや布を巻き、上からビニールをかぶせる

せっかく保温しても、保温材が濡れて凍ってしまっては、水道管を更に冷やしてしまうことになります。

濡れても大丈夫なように、保温した上から保護してあげることが大切です。

夜間の冷たい外気にさらされない工夫をしましょう。

 

水道管のなかの水を流れたままの状態にする

水道管のなかの水が常に流れた状態であれば、水は凍りにくくなります。

就寝前に蛇口から水を少量出しておくことで、凍結を予防できる場合もあります。

流し続ける水の量は鉛筆の芯ぐらいを目安にしてください。

※出した分の水については、水道料金がかかるので出し過ぎにはご注意ください。

お湯を出しっ放しにすると、ガスの安全装置が作動する可能性がありますので、水側を出すようにお願いします。

~ 水を流したままにするならここ!当社でのおすすめ ~

お風呂の栓をしておけば浴槽に水を溜めることができ、実際に凍らなかった場合でも、入浴の際に利用できるので溜めた水をムダにすることもありません。

 

それでも凍結してしまったら・・・

いろいろと予防対策方法をご紹介しましたが、絶対に凍結しないというわけではありません。万が一凍結してしまった場合の対策をご紹介します。

基本は放っておく

水道管の中の水が凍ってしまったら、できることはあまりありません。

外気温が上がって内部の水が溶けるまで待つしかないのです。蛇口を少し開けて待ちましょう。出なかった水がでるようになったことで溶けだしたことを確認することができます。

~ 少しでも早く水が使いたい場合の応急処置 ~

凍結した部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かします。

◆ 水は出るがお湯が出ない場合

給湯器の給水管が凍結している可能性があります。

給水管部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけてください。

◆ 水も湯も出ない場合

凍結している場所がわからないので、一通りの作業を試していただく必要があります。

露出している水道管(水道メーター付近、給湯器付近)や蛇口にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけてください。

※いきなり熱湯をかけると、水道管や蛇口が変形したり、破裂することがあるのでご注意ください。

 

水道管が破裂している恐れもあります

『蛇口をひねっても水がでない=水道管が凍結している』というわけではありません。

水道管が凍結により膨張した結果、破裂してしまっている恐れもあります。

まず、すべての蛇口を閉めた後、家の外に出て水道メーターを確認しましょう。

水を使用していないのにメーターの羽根車が回転している場合は、すぐにメーターボックス内の止水栓を閉めたうえ当社までご連絡ください。

g5953

  1. ※アパートなどの場合は、大家さん、管理会社などへ連絡してください。

 

他にもさまざまな凍結防止対策があります。

気になる方はこちらをご覧ください。

 

LINEで送る
Pocket


 

会社概要

事業紹介

取り組み

法人工事

個人工事

採用情報