ホーム » 施工事例 » 水道メーター

水道メーター

岡山 某マンション

当社では日々水道メーターの取り替え工事を行っています。
最近では、当ホームページをご覧いただいた方より、ご相談を頂くことも多くなってきています。お気軽にお問い合わせください。

各工程を工事の流れに沿って、当社での施工ポイントを中心に、説明しています。

また、水道メーターの取り替え時期など詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

工事の流れ

1.着工前

期間満了の量水器です。(8年以内での取替えが必要です。)

 

 

 

2.撤去状況(1)

まずは、量水器に取り付けてある凍結防止カバーを取り除き、手前のバルブを閉めて止水を行います。

 

 

3.撤去状況(2)

周囲を濡らさないように「水受け」を用意します。(量水器を取り外すと、配管内の残り水が出てきて周囲を濡らしてしまいます)

 

 

4.撤去状況(3)

無事、量水器を取り外せました。

 

 

5.取付状況(1)

次に、新品の量水器を取り付けます。ただし量水器には取付方向(水の入口側と出口側)が決まっています。

当社での施工ポイント①

◆当社では取付方向を間違わないように、入口側に赤色のテープで目印を付けています。

 

 

6.取付状況(2)

取付けた後、清掃と指針、取付方向の確認を行います。

 

 

7.取付状況(3)

バルブを開け、通水を行います。

当社での施工ポイント②

◆配管と量水器との接続部にゆるみはないか、水は漏れていないかを再度確認し、確認後マーキングを行います。

 

 

8.取付確認状況

点検項目(量水器の指針、取付方向や漏水の有無、お部屋番号など)を再々度、確認しています。

当社での施工ポイント③

◆最終確認を書面で行っています。(後日、お客様への提出も行っています)

 

 

9.完了

全ての確認がOKとなって、凍結防止カバーを取付け、施工完了となります。

 

LINEで送る
Pocket