ホーム » 未分類 » 下水道の役割

下水道の役割

1.雨水処理
  町に雨水がたまらないように雨水桝から雨水を流します。
  雨水を処理するときには、雨水をくみあげて川や海に放流するポンプ場や、
  たくさんの雨水がいっぺんに流れ込んで浸水被害などを起こさないように、
  雨を一度ためてきれいな水にして流すための雨水貯留池という施設も大活躍しています。

2.汚水処理
  トイレの水、手を洗った水、お風呂の水はどこへ流れているかわかりますか?
  下水道管の中をよごれた水と一緒に運んで、下水処理場できれいにしています。

3.環境を守る
  普通の下水処理で取りきれない窒素やリンを取り除いて、
  もっときれいな水に生き返らせるのが高度処理です。
  高度処理によって、以前は悪臭を放ち生物が
  すめないほどだった川の水質も格段に良くなり、魚がすめるようになりました。

4.処理水の活用
  高度処理された水を公園の池やトイレで流す水に使用する地域もあります。
  汚泥を野菜や果物など植物の肥料として利用したり、
  レンガやタイル、セメントの材料や道路などにも使われています。

LINEで送る
Pocket


 

会社概要

事業紹介

取り組み

法人工事

個人工事

採用情報